女性ホルモンの乱れチェックリスト


女性ホルモンのバランスの乱れは様々な体の不調を引き起こします。女性ホルモンのバランスの乱れのチェックリストと、女性ホルモンのバランスを整えるコツを紹介します。

女性

ThePixelman / Pixabay

スポンサーリンク

2つの女性ホルモン

女性ホルモンは主に卵巣から分泌され、女性の妊娠・出産を中心に深く関わりのあるホルモンです。一定の周期で分泌量が調節されながら、女性の心身の健康を支えています。2つの代表的な女性ホルモンがエストロゲンとプロゲステロンです。

 

エストロゲン(卵胞ホルモン)

女性らしい体を作るためのホルモンです。排卵、月経を起こし妊娠に必要な子宮の環境を整える働きがあります。その他にも皮膚や骨の健康、感情、自律神経の働きにも関与する事がわかっています。

 

プロゲステロン(黄体ホルモン)

子宮内膜を厚くするなど妊娠しやすい状態にしてくれる働きがあります。妊娠後は妊娠状態の安定化に関与しています。体温を上げる作用もあります。

 

女性ホルモンの乱れをチェック

以下の項目は、女性ホルモンの乱れに繋がる、もしくは女性ホルモンの乱れの原因となる可能性がある項目です。
  • 無理なダイエットをしている
  • 体重が大幅に増減した
  • ハードな運動をしている
  • ストレスが多い
  • 35才を越えている
  • たばこを吸っている
  • 貧血や目眩が多い
  • 体が冷えている
  • 慢性的に睡眠不足
  • 生活リズムが不規則
  • 肌が荒れている
  • 髪に艶がない
  • 肩こり、腰痛がある
  • 月経周期が不安定
  • 月経が来ない
  • 月経痛がひどい
  • PMS(月経前症候群)がひどい
  • なかなか妊娠できない
 

 

女性ホルモンの分泌バランスを整えるには?

女性ホルモンのバランスを整えるには、規則正しい生活、バランスのよい食生活、ストレス解消の3つのポイントがあります。

 

規則正しい生活

睡眠不足はホルモンバランスの乱れに直結します。夜は遅くならないうちにベッドに入り、朝は早めに起きてしっかり朝日を浴びることで体のリズムが正常化し、女性ホルモンの分泌もスムーズになります。

 

バランスのよい食生活

体の中で生成される各種のホルモンは、もちろんのこと私たちが普段食べている食べ物が大元の原料です。栄養に偏りがありホルモンの生成に必要な栄養素が足りないためにホルモン分泌のバランスを崩すことも。特にタンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルをしっかり取りましょう。

また、大豆に含まれる大豆イソフラボンには女性ホルモンに似た働きをすることが分かっています。大豆や大豆加工食品をこまめに食べることで女性ホルモンの働きをサポートできる事が期待されます。

 

ストレス解消

精神的なストレスは、自律神経のバランスを乱します。リラックスを司る副交換神経が働きにくくなり、体の覚醒や緊張を司る交感神経が優位になります。自律神経の乱れは、女性ホルモンの分泌にも大きな影響を及ぼします。ストレスを溜め込まずに、適度にストレス発散をし、ゆっくり休息することがホルモンバランスの乱れの改善に繋がります。

スポンサーサイト